■開催要項

【日時】
 1日目:2022年3月23日(水) 15:00~17:00 (2時間)  
  ●ライブ配信によるウエビナー講習会
 2日目:2022年3月30日(水) 15:00~17:00 (2時間)  
  ●ライブ配信によるウエビナー講習会

ご注意:
  ●本プログラムは2回(1日目、2日目)に分けて実施致します。
  ●途中休憩を含む

【開催場所・方式】WEB限定セミナー  *会場受講ではありません,受講条件は下方をご覧ください。
【受講料】29,000円(税込み) *2回分含む、テキスト付き

■講師:入江 翔一 先生
ミリマン コンサルタント

■講義概要
 QOLは「生活の質」「人生の質」などと訳されるが、”Life”の持つ意味合いが極めて多様であるため、QOLの定義について統一された見解はなく、各研究領域や目的に応じてその捉え方は異なる。我が国の医療政策の文脈では、EQ-5D(Euro QOL 5 Dimension)に代表される質問票を元に健康関連QOLを算出し、このQOLを考慮した生存年数であるQALY(Quality-Adjusted Life Year)の差分を医療の効果指標の一つとして、医薬品や医療機器に対する費用対効果評価が行われている。しかしながら、こうして算出されたQALYは年齢や余命、疾患の重症度といった患者背景や健康と直接関連しないQOLは考慮されておらず、決して満足な指標とは言い難い。個人の価値観に大きく依存するQOLを医療政策の観点からどのように捉えるべきか、その意味を改めて問いながら考える。

■講習プログラム

1日目  QOLという概念

1. QOLとは?
2. QOLの歴史
3. 医療におけるQOL
4. QOLの測定方法
5. QALYとは?
6. 医療技術評価(HTA)とは?
7. 費用対効果評価の種類
8. 諸外国との比較
9. まとめ

                           
2日目 医療政策におけるQOLはどうあるべきか?

1. QALYの問題点
2. 共通の指標を設定することはできるのか?
3. 実証分析と規範分析
4. 規範分析の歴史
5. 医療政策と価値前提
6. まとめ・提言

※ 質疑応答
事前質問の回答および当日の質問に対する解説を行います。講習会時間内に終了しない場合は
後日お送り申し上げます。

※ 講義内容は多少変更する可能性があります。

■講師プロフィール
会津での初期臨床研修を経て、2015年より心臓血管外科医として埼玉医科大学国際医療センター、東京女子医科大学病院に勤務。主に成人弁膜症、冠動脈疾患、大血管疾患の治療に従事。大学院にてiPS細胞の誘導・分化、大動脈弁疾患の重症度指標について研究。2021年よりミリマン東京オフィス・コンサルタント兼外科専門医。東京大学医学部卒、東京大学理学部数学科卒、外科専門医。

◆受講条件、参加に際して 
・既存の「インターネットブラウザ」、あるいはビデオ会議・配信ツール「Zoom」アプリクライアントの利用が可能な方
・講習会の前日までに必ず動作確認をお願い致します。https://zoom.us/testにて接続のテストができます。
・開催日の直前にWEB講習会への招待メールをお送り致します。ご確認を御願い致します。
・当日は余裕を持って招待メールに含まれるクリックあるいはURLからWEB配信講習会にご参加のほど御願い申し上げます。
・ご不明な点はご遠慮なく下方の問い合わせ先までご連絡ください。

◆お申し込み先
ビジネスサイエンス&テクノロジー株式会社
〒170-0003 東京都豊島区駒込1-35-2 駒込タウンブリーズ205号
TEL:03-6676-2764 FAX:03-6759-1348 

◆お申込み方法等  
下記情報をお書き添えいただき、メール:edu@bst.co.jp までお申し込みください。
お申込み内容を確認の上、受講票・受講料入金手続き、講習会参加にかかるご案内をお送りします。

○会社・団体・組織名
○所属・役職
○氏名
○氏名カナ
○連絡先(TEL、FAX、E-mail)
○住所
○担当・関与される職務について(現在の職務についておさしつかえない範囲でお知らせください)
○講師への質問(講習会あるいは後日のフィードバックでお答えいたします。)

*お申込み後のキャンセルはお受けできません。講習にご出席できなくなった場合には、代理の方のご参加をお願いいたします。
*お申し込みは余裕をもってお申し込みいただけますと幸いです。
*テキストの送付
事前にテキストを送付致します。

◆お問い合わせ・連絡先
講習会に関してのご質問等について、お気軽に下記までお尋ねくださいますようお願いいたします。

メール:edu@bst.co.jp
ビジネスサイエンス&テクノロジー株式会社
〒170-0003
東京都豊島区駒込1-35-2駒込タウンブリーズ205号
電話:03-6676-2764 FAX:03-6759-1348
https://bst.co.jp/