ビジネス活動を科学的に分析するビジネスサイエンス&テクノロジー株式会社

組織力・現場力を活性化し向上させ、考え抜く力を身につけることを目的とした講習会です。企業内研修など、組織の目的に合った研修(標準・カスタマイズ)を行います。

現場で役立つ流体力学とコスト意識の強化 常 設

研修で身につけられること

  • 液体の「流れの性質」を理解することでムダを見つける力がつく
  • 現場活動のコスト・生産性向上意識が強化される

プログラム例

  • 水・プロセス溶液とは何か
  • 業務・生産効率にインパクトを与える水・溶液条件(温度、圧力など)
  • 洗浄工程のケーススタディー
  • グループワーク

造水設備の概要とトラブルシューティング 常 設

研修で身につけられること

  • 機器・設備の基本を体系的に習得し原理と機能を学びます。現場のトラブルについて未然に防ぐためのポイントおよび対処法を身につけます。
  • 改善策を「考える力、構築する力」を強化し次のアクションの迅速化を導きます。

プログラム例

  • 造水システムの分離技術
  • 運転管理に必要な電気と制御システム
  • 実設備のトラブルシューティング

機器・設備を学び現場力、創造・問題解決・改善力を培う

空調、冷蔵・冷凍の基礎、トラブルシューティング 常 設

研修で身につけられること

  • 工場生産には空調、クリーンルーム、冷凍などの設備の適正な運転、管理が不可欠です。そのための基本技術・原理・設備について体系的に知識習得し、トラブルを未然に防ぐための要点、対処法、将来の改善策を学び習得します。

プログラム例

  • 空気調和の基本技術と工場空調設備
  • 空気清浄化の基本技術とクリーンルーム設備
  • 実設備のトラブルシューティング

現場の問題解決・改善法 常 設

例)クリーンルームの清浄度の向上を目的とする分析⇒改善法の作成⇒実行

研修で身につけられること

  • 意識の変化、気づきの活性化
  • 課題抽出力と分析力および問題解決がスピードアップする
  • 情報・課題を共有する力、伝える力を身につける(コミュニケーション)

プログラム例

  • クリーンルームの特徴:構造・清浄度
  • 課題の分析
  • 解決・改善法の策定

よくあるご質問

Q 公開講習会へはどのように申し込めばいいのでしょうか?

A FAXあるいはメールで必要事項をご記入の上、お申し込みください。

  • Faxでのお申込み: 03-6759-1348

    Faxでお問い合わせの場合は各講習会情報ページにリンクされているお申込み用PDFをご使用下さい。
  • メールでのお申込み: edu@bst.co.jp

    メールでお問い合わせの場合は講習会情報ページの「お申込み方法」をご覧ください。

Q 企業内研修(講習会)に興味があるのですが、相談のプロセスを教えてください。

A 以下のFax用紙をご使用いただき研修の目的概要をおさしつかえない範囲でお送りください。こちらからご提案をお送りいたします。企業内研修 お申し込み用Fax用紙(PDF、別ウィンドウで開きます)

New Drug Candidates(NDC)

The Journal provides recent progress in new drug candidates and related R&D topics. Most candidates and related topics are published and submitted recently from worldwide. The sources include the recent major journals, congress, and symposia worldwide. The Journal also provides the most recent findings useful for designing new screening systems and for new mode of action.
more »

『製造/GMP適合問題によって生じる医薬品の供給不足に関するリフレクションペーパー (EMA) 】(ご参考用翻訳版)

(Reflection paper on medicinal product supply shortages caused by manufacturing/Good Manufacturing Practice Compliance problems-WC500135113)

『REACHと化粧品規則のインターフェース(調和)について(ECHA)』(ご参考用翻訳版)

(Interface between REACH and Cosmetics regulations-ECHA-14-FS-04-EN)